2013年1月24日木曜日

幕末、麻布周辺の外国施設

幕末の麻布周辺(芝、三田も含めて)には外国施設が多くありました。 これは後に「港区」と呼ばれるように、海が近かったため、品川などに停泊している自国の船(軍艦など)に有事の際に移動するために便利であり、なおかつ江戸城にも程近かったためと思われます。 
現在も大使館などが数多く存在しますが、震災・火事などの災害を考え、建物の密集した都心よりやや郊外のおもむきの残る麻布近辺が安全と考えたためとも思われます。以下は幕末における麻布周辺の外国施設。


幕末の外国施設
名称場所所在地 開館 備考
アメリカ公使館麻布
山元町
善福寺 安政6年
1859年
6月8日
公使ハリスが本堂を住居とし公使館を設置。通訳ヒュ-スケンが攘夷派により暗殺される。攘夷派の襲撃により書庫が焼失。
アメリカ代理公使宿舎三田
北寺町
大松寺 慶応2年
6月11日
代理公使ポ-トマンの専用宿舎。
イギリス公使館①芝高輪 東禅寺 安政6年 公使オ-ルコックが滞在。攘夷派の襲撃事件2回。日本人通訳伝吉の殺害。
イギリス公使館②芝高輪 泉岳寺 慶応元年
1865年
公使パ-クスが滞在。攘夷浪士の襲撃回避のため高輪接遇所と称した。
フランス公使館三田台 済海寺 安政6年
8月26日
公使ベルク-ル、全権公使ロッシュが滞在。
フランス付属宿舎三田台 大増寺 安政~ 幕府外国奉行と代理公使ベルク-ルが会談。
フランス副領事宿舎三田台 実相寺 安政6年
12月15日
副領事メルロが居館として使用。
フランス公館三田台 正泉寺 安政6年
11月22日
フランス総領事館通弁ジュ-ルが居住。スイス総領事リンドウ、イギリスのア-ネスト・サトウも使用。明治43年目黒区碑文谷に移転。
オランダ、ロシア、フランス使節の宿館芝愛宕 真福寺 安政5年~ プチャ-チン(ロシア)、グロ-(フランス)、クルチウス(オランダ)などが滞在。
オランダ公使館①
西応寺
西応寺 安政6年
9月
公使クルチウスが滞在。イギリス人エルジン伯も一時滞在。薩摩藩邸焼き討ちで類焼した。
オランダ公使館②
伊皿子
長応寺 慶応3年
1867年
12月
芝西応寺が薩摩藩邸焼き討ちで類焼したのでオランダ公使館は伊皿子長応寺に移転。スイス使節団が滞在。写真家F.ベアトの江戸におけるアトリエが設置されていた。1902(明治35)年寺は北海道に移転した。
プロシア公使館麻布
本村町
春桃院 慶応元年
1865年
4月
神奈川領事フォン・ブラントが江戸滞在に使用。
ロシア使節宿舎 三田
小山町
天暁院
大中寺
安政6年
7月21日
通商条約批准の際、函館領事ゴシケビッチ、ムラビヨフが滞在。イタリア使節も使用。現存せず。
外国人旅宿麻布
飯倉町
赤羽接遇所 安政6年
8月
各国が条約批准などで滞在。シーボルト父子も滞在。詳細はこちらをどうぞ











より大きな地図で 幕末外国公使館・施設 を表示